新型コロナウイルス対策特別支援プログラムのご案内

こんにちは!スタディカルテLabの樋口です。

今回の記事では、お問合せの多かった「新型コロナウイルス特別対策プログラム」について簡単に流れをまとめてみました🍀

特別プログラムにご関心のある方は、お読み頂ければと思います。

 

① 学習に関するヒアリングとプランニングを受ける

まずは、オンラインで60分間のヒアリングとプランニング、使用教材についてのご案内などをおこないます。Labには学習状況を整理するために開発された独自のシートが7種類あるんですが、今回はこの2種類を使用します。担当するのは、実績と経験豊富なプロ講師。これを機会に日々の勉強に関する悩みや相談などをしてみてください。

 

② プランニング内容に沿って “講義板書ノート” を印刷する


プランニング内容に沿って、講義板書ノートを事前に共有します。それにより、必要なとこだけ学習を進めることが出来たり、板書を写す作業がなくなり、理解することや、自分に必要なメモを取ることに集中することが出来ます。(各ご家庭で印刷をしてもらうことを推奨しています。)

 

③自学自習で必要な講義動画を視聴する


毎週、最初に決めたプランニングに向けて、必要な動画講義や問題解説の動画をご案内し、それをベースに自学自習を進めてもらいます。今回用意されている動画授業コンテンツは1700個以上。板書ノートをみながら、理解することに集中して学習をしてみましょう。

 

④ LINEで疑問点を事前に共有する


自学自習をしていると、どうしても自力では解決しにくい問題が出てくるもの。それを事前に共有してもらうことで、消化不良をピンポイントで解決していく準備をしてもらいます。(なお、動画講義、講義板書ノート、事前の疑問点共有などのやりとりはLINEでおこないます。ご希望があれば、それ以外の選択肢もありますので、別途ご相談ください。)

 

⑤ オンライン個別指導で疑問点を解消する+次の宿題を決定する


毎回の決められた時間に、パソコン・タブレット・スマートフォンなどを通して疑問点の解説をプロ講師がオンラインでおこないます。対面授業には出来ない独自手法により、自宅にいながらピンポイントで理解が進むので、とても効率的です。その後に次の週の宿題を指示してもらいます。

 

これを、5/31 まで無償提供 させて頂きます。

 

無償提供で特別プログラムを実施する理由は、大きく2つあります。

 

1つは、今回のコロナウイルスの影響で学校が休校となり、何をどうやって勉強したら良いかが分からずに、時間を持て余している生徒達が沢山いたこと。Labのサービスの良さを知ってもらえる、良いきっかけになると思いました。サービス内容には自信がありますし、実際に保護者や生徒の方々から嬉しい声を沢山頂けるんですが、オンライン授業って正直不安も多いかと思います。「良い機会だし、試しにやってみようかな」と思って貰えれば幸いです。

 

もう1つは、勉強の仕方を学ぶことで「自分もやれば出来るんだ」と思ってくれる子どもを1人でも多く増やすこと。学習は、正しく理解し、正しく反復すれば必ず結果が出ます。今回の無償提供は、理念に共感していただけた多くの方々のお力添えがあって実現出来ました。弊社のサービスだけでなく、多くの子どもが有意義な時間を過ごせるようにと、教育に関わる個人として強く願っています。

 

他にも、沢山の企業が動いています。
まとめサイトを共有しますので、ご活用頂ければと思います。

Libry CEO 後藤匠さんの EdTech企業のまとめ記事
https://note.com/tgoto/n/n88e7c20c8c2c

経済産業省 学びを止めない未来の教室
https://www.learning-innovation.go.jp/covid_19/

 

提供概要

対象:大学受験に向けて高校数学を学習している中学生・高校生・既卒生
受付期間:3/13(金)12:00開始
利用期間:3/13(金)〜 5/31(日)
定員:先着20名(定員に達し次第終了させていただきます)
申込方法:体験授業の申し込みフォームからご連絡ください。折り返しご連絡いたします。(自由記述欄に「新型コロナウイルス特別支援プログラム希望」とご記載頂ければ、スムーズに対応可能です)
 
 

特別プログラムを受講希望の方は、右上の「無料体験はこちら」からお問合せください。

ご質問などは、右下の「質問はこちらから」からチャット形式で対応も出来ます。どうぞご活用ください🍀

Pocket